水着の素材

夜景

競泳用水着

一時期、「着ると速く泳ぐことができる水着」ということで、話題になった水着があります。競泳用の場合、どれだけ速く泳げるかは大切なポイントとなります。そのため、締めつけ感が強かったり、撥水性に優れていたり、生地を特殊加工してあったりと、様々なメーカーが工夫をしています。国や大会、また水泳協会などによって、水着の基準は変更になるため、使ってよいもの悪いものなどがあります。特に、国際水泳連盟では、厳しい基準を設けられているので、その条件にあったものでないと、出場すらできません。それは、水着の違いによって、結果が変わってはいけない、という理由によります。つまりは、素材によって多少なりともスピードに影響することは確かなようです。

水着は主に、ポリエステルとポリウレタンが使われています。ポリエステルは、衣服などでも使われることが多く、耐久性などがあるのが特徴です。一方で、ポリウレタンには伸縮性があります。なので、両方を混ぜ合わせながら完成しています。最近ではナイロンを使う水着も増えてきました。しかし、最後は着心地になってきます。もちろん、国際水泳連盟の試合と地域の水泳大会では基準も変わってきますので、自分にあう水着を選ぶことをおすすめします。