水着の素材

夜景

水着の種類

毎年夏になると、「海開き」や「プール開き」という言葉をニュースや巷で聞く機会が増えます。暑い夏こそ、海やプールに行く人が増えます。そして、海やプールに欠かせないのが水着です。デパートや百貨店などでも、夏が近づくと、水着コーナーを大々的に設置する店舗も増えてきますし、最近では種類も豊富なので、水着を買い求める人はたくさんいます。一言で水着といっても、様々な種類にわけられます。大きく分けると、「競泳用」「フィットネス/運動用」「レジャー用」です。他にも、スクール水着だったり潜水用(スキューバーダイビングなど)なども挙げられます。実はそれぞれ用途が異なり、素材も用途によって変わってきます。

そして、水着には、寿命があると言われています。メーカーによって異なりますが、大体100時間くらいと言われています。競泳用やフィットネスとして利用していて、仮に1日1時間利用したとしたら、大体3ヶ月で寿命がくる計算となります。レジャー用の水着においては、そこまで頻繁に着る機会は少ないかもしれませんが、日焼け止めクリームや化粧品などが付着することによってゴムが劣化することもあります。そのため、競泳用であれレジャー用であれ、実は寿命は短いのです。しかしそれは、素材によっても持ちの良さが変わってきます。では、実際水着を選ぶ際、どのような基準でどのように選んだらよいのでしょうか。このページでは、水着を選ぶ際のポイントをお伝えしていきます。



~水着関連サイト~
水着を選ぶポイントは人それぞれで異なると思いますが、こちらの水着通販サイトでは「デザイン」「サイズ・体型」「プリント柄」など様々な項目から探すことができます。また、素材も確認できますので、水着選びにこだわりたい人は参考にしてみてはいかがでしょうか ⇒ 水着